top of page

メイショウドトウの食欲にも関係⁉🐴放牧地の草丈は15cmがベストな理由とは🤔🌿


 

北海道新冠町にある、引退馬の牧場ノーザンレイク。

そこで毎日を過ごしているライター・佐々木祥恵が、

馬ときどき猫な日々を綴ります。

 


SNSでドットさん(メイショウドトウ)の放牧地の草刈りの話題を投稿したところ、草丈が長いと食べないのかなどの質問があった。実際牧場運営に携わる以前は放牧地の管理について全く無知で、草刈りを定期的にする必要があることも知らなかった。

掃除刈りという言葉を初めて聞いたのは、この牧場を紹介してくれた生産牧場の方からだった。

その時に掃除刈りについて調べてみると様々な効果があることがわかった。


掃除刈り翌日の放牧地で草を食むドットさん


放牧地には馬たちがよく食べて草丈が短い場所と、あまり菜食されずに草丈が長いところがある。この菜食されない場所のことを不食過繁地と言うそうだ。ウチの放牧地を観察してみると、不食過繁地には馬たちが好まなさそうな草が多く生えていた。だからその場所の草は生い茂ってしまうようだ。この不食過繁地を縮小して食べられる草が生えてくる面積を広げるためにも、掃除刈りをして放牧地を整える必要があるのだ。


女子チームの放牧地 掃除刈りが途中なので草丈が短い箇所と不食過繁地がある


掃除刈りでは、15㎝の草丈が良いとされている。15㎝を維持すると、草地が硬くなるのを抑制する効果がある言われているからだ。クッション性がない硬い地面だと脚元の故障にも繋がりやすいし、それを防ぐ意味でも15㎝を維持するようにしていきたい。


また草丈15㎝は、雑草の侵入を防ぐ効果も期待できるそうだ。雑草が侵入してしまうと、前述した不食過繁地になってしまう可能性もある。それを考えても、牧場にとって掃除刈りは必要不可欠な作業の1つなのだ。


使用してない放牧地の草刈り 草刈り機まさお活躍中


もっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。


JRA日高育成牧場における草地管理について(「馬の資料室」日高育成牧場)


掃除刈りはじめ放牧地の管理について説明されている。


話は変わって新入り猫のふくちゃんこと福豆について。

家の中を縦横無尽に走り回り元気いっぱいで食欲旺盛なのだが、便が緩くて体を痒がったり、涙が出ることもある。


私の背中に乗るお転婆ふくちゃん


獣医に診察してもらったところ、寄生虫はいなかったものの、腸内細菌のバランスがあまり良くなく、また痒みもあるので食物アレルギーの可能性がありそうとのことだった。そこで腸関係の薬やらサプリ、消化器系の療養食を処方された。

ついでにたまにあるチビの嘔吐についても相談すると、こちらも食物アレルギー可能性あることがわかった。肉や魚よりも穀物が多く含まれていると、穀物に反応してアレルギーが出るケースがよくあるそうだ。


ふくちゃんを優しくなめるチビたん


そんなわけで、ふくちゃんが療養食中心で、チビはグレインフリーのフードに切り替えた。


チビたんとふくちゃんのご飯


馬や人の健康管理はもちろんのこと、猫の健康についてももっと学んで気を付けていきたいと思う。


ドットさんか川越か?どっちつかずのメト

 

【メト祭り😸】ノーザンレイクダイアリー連載1周年記念グッズ販売中!


ご好評をいただいているLoveuma.オンラインショップに新しいデザインが追加されました!


新デザインは全3パターン、100アイテムを追加しています。


今回のデザインはLoveuma.の人気連載『ノーザンレイクダイアリー』でもお馴染みの、看板猫メトをあしらったデザインです。



このオンラインショップは、GMOペパボ株式会社が手がける、オリジナルグッズを手軽に作成・販売できる『SUZURI』を利用しています。


梱包・配送・原価設定は全てSUZURIが行っており、