- Loveuma.ができるまで -

引退馬問題を考えるサイト・Loveuma.は、

2022年7月にオープンしましたが、

開設の背景には、数え切れないほどの馬を思う人との

出会いがありました。

Loveuma.の発起人であり、運営責任者の

平林健一の言葉で、そのストーリーをご紹介します。

story_01.png

Loveuma.運営事務局
株式会社Creem Pan 代表取締役

平林 健一

1987年、青森県生まれ、千葉県育ち。現在は世田谷区の馬事公苑前に在住。 幼少期から大の競馬好きとして育った。自主制作映像がきっかけで映像の道に進み、多摩美術大学に進学。卒業後は株式会社Enjinに映像ディレクターとして就職し、2017年に社内サークルとしてCreem Panを発足。その活動の一環として、映画「今日もどこかで馬は生まれる」を企画・監督した。2021年にCreem Panを法人化し、Loveuma.の開発・運営をスタート。メディア制作を通じた引退馬支援をライフワークにしている。

物心つく前から、
競馬の虜だった。

青森県で生まれ、その後、父の仕事の関係で引っ越した千葉県で育ちました。
父は「競馬狂」といってもいいほどの、大の競馬ファンで、家には過去数年分の競馬新聞エイトと種牡馬辞典、馬券術の本などが置いてありました。
子どもの頃は毎日何かしらの競馬の本を読んでいた記憶があります。

週末は父と中山や大井競馬場に出向いたり、夏休みには北海道の馬産地にも足を運んでいました。​

父の影響で物心がつく前から競馬の虜になっていた僕は、小学生になると競馬ゲーム「ダービースタリオン」にはまり、相当やり込みました。ゲーム内で愛馬を引退させると、GⅠ馬以外の牡馬は「乗馬として引き取られることになりました」と調教師から報告を受けます。今思えばおかしな話ですが、これにより僕の脳裏に「引退馬は必ず乗馬になるんだ」ということが刷り込まれていたのです。

引退馬問題を知る。

18歳の頃、初めてパソコンを購入しました。好きな競走馬のことを調べているうちに、引退馬の多くが行方不明になっていることを知ります。

「ダビスタのあれって嘘だったの!?」と、勝手に憤慨し、競馬を見たくないと思う時期がありました。しかし、武豊騎手が大活躍したり、ディープインパクトの衝撃に心打たれたり、やっぱり競馬は楽しかった。引退馬問題からは目を背けることで、その後も競馬ファンを続けました。​

さらに10年が経ち、僕は映像ディレクターになります。

最初は周りについて行くのに精一杯でしたが、必死に働いて、結果も出て、役職にも就いた頃、ふと思ったことがありました。

「僕が本当に作りたいものって何だっけ?」

今思えば、ちょっとした燃え尽き症候群みたいなものだったのでしょうか。

その状況を打破したいと思い、当時勤めていた会社に頼み込んで社内サークルをつくり、映画を撮ることにしました。

6名ほどの有志が集まって各々が企画を出し合う中、僕は、10年前に目を背けた「現実」に、ここで再び向き合えたらと思い、引退馬問題を取り上げる企画を打ち出しました。

その企画が採用され、映画は「今日もどこかで馬は生まれる」、サークルは「Creem Pan」という名前に決まり、クラウドファンディングを経て、撮影が始まりました。

1,000を超える思い

クランクインから約半年、構想から約2年で、映画は完成を迎えます。​

 

まずは支援者限定の上映会を皮切りに、引退馬問題に関心のある方々や競馬産業の人たちを対象とした出張上映会の開催に精を出しました。

 

その後、映画の評判を耳にした劇場サイドからオファーが入り、2019年12月から全国の独立系映画館で、待望のスクリーン上映が決定しました。​

 

僕は「引退馬問題の『今』をフラットに伝えるこの映画を観た方はどう感じるのか」ということに大きな関心をもっていました。そこでアンケート用紙を作り、劇場に持ち込み、感想の回収を行うことに。​

 

約半年間の劇場公開で1,000を超える「思い」が集まりました!

 

僕はその全てに目を通しました。そこから浮かび上がってきたのは「引退馬問題は、全員が納得して解決することは(現時点では)ない」ということ。しかし、ほぼ全ての人が「この問題を知ることができてよかった」と感じていること。この二つでした。

story_23_edited_edited.jpg

アンケートで集まった1,000を超える「思い」の束

思っていたよりも少ない…

映画を見た方の口コミと、門真国際映画祭2020で優秀作品賞と大阪府知事賞を受賞したことで、配給や販売も順調に進みました。

しかし一方で、この頃から「次は何をしよう?」と自問することが多くなります。

映画は豊富な情報量を発信できる一方で、手軽に見ることができないというデメリットがあります。そこでメンバーとも協議を重ね、引退馬問題に関する情報をWEBコラムとして発表することを決めました。​

映画サイトの一角で、毎月一回、10,000字程度の記事連載をスタート。

アクセスを解析すると、月間の平均訪問者数は約6,000人という結果が出ました。​

 

「多いのか少ないのか、わからない」「そもそも引退馬に関心を持っている人って…?」​

 

そんな思いに駆られ、月間でGoogleを利用してどのぐらいの人が「引退馬」関連のキーワード検索をしているのか、広告代理店に調べてもらいました。その結果は…競馬関連のキーワードは300〜350万件、乗馬はおよそ2万件、そして引退馬は、4,000〜6,000件でした。​

「引退馬に関心のある人は思っていたよりも少ない・・・」

この瞬間から『引退馬問題の一般的認知度を高める』というのが、僕の目標になりました。