top of page

Twitterでも話題の「牧場見学ルール」に思うこと🤔🐴&苦渋の決断となった「AERUの見学ルール変更」について😢


 

北海道浦河町にある、馬をコンセプトにした観光ホテル

うらかわ優駿ビレッジAERU (アエル)》。

その魅力を日々発信し続けているスタッフ・太田篤志が、

現場でしか味わえない、大自然と馬との触れ合いをお届けします。

 


みなさんこんにちは🍉

乗馬課 太田です👨‍🌾

浦河にも夏がやってきました🌻

今年は雨の日が少なくいい天気の日が多いです😊

アブも急に出てきたので功労馬達はフライシートを着せています👔🪰

暑さとアブとの戦いの日々が続きますが、人も馬も水分補給等、体調管理に気をつけながら過ごしております🍹


6月下旬のツインズの様子👬

この頃はまだアブが出始めの頃でフライシートは着せてませんでした👔


同時期のマイネルキッツ✨

奥でオウケンがゴロゴロしてます😆


7月に入りアブが増えてきたのでフライシート着せました🪰

メッシュ生地で通気性は良いです👔


なかよく、くっついて青草食んでいます🍀


キッツは乗用馬のキングくんと一緒に放牧されています😊

お間違いのないように😆(写真はキッツです)


最近キッツ宛に4歳のファンの方から素敵なイラストと、大人のファンの方から虫除けをいただきました😊

ありがとうございます☺️


さて、今回の記事は本来なら明るい話題をしたい所ですが…長文、、お付き合いください。

①最近Twitterで話題になっていた

[牧場見学のルール]について思う事。

②[AERUの馬の見学ルール]についてのご報告

上記2点を記事にさせていただきました。

まず、最近話題になっていた、ビッグレッドファーム様が繋養しているコスモバルクを一般の方が触っている写真がTwitterでアップされ、それが炎上。更にその後、その事についてコメントした方がきっかけで再炎上。牧場関係者の方々もこの件に関してのツイートが多くなり、Twitterのトレンドには【牧場見学】というワードが入る事態になっていました。

最初にこの件を知った時、「またか……」という思いが1番最初にやってきました。私も引退名馬を扱う者として牧場見学のルールに関しては日頃から色々調べたり、周りの牧場さんから話を聞いたりしているので、過去から何度もあった今回のようなトラブルがまた起こってしまい、色々な感情が湧いております…。

私が学生の頃、牧場見学巡りをしていた頃にも牧場見学でのトラブルは耳にしてました。あの頃と比べると随分と牧場見学できるところが減ったり制限がついたりしてきたなぁと感じてます。

まず、見学ができる牧場で馬とのふれあい等ができるかどうかは各牧場のルールによります。

《馬に触ってもいい》牧場さんもありますが、

《馬に触らないで》と案内されている牧場の馬には当然ですが触れません。

今回の件ではビッグレッドファーム様のHP内の注意事項に《馬には触れないでください。》とありますので、触ったらダメなんです。それだけです。ダメなものはダメなんです。

写真を投稿された見学者の方は他の牧場へも行かれていて、その牧場の馬を触っている様子がアップされ、それについても話題になっていましたが、他の牧場は他の牧場でルールがあります。

各牧場では何ができて何ができないか。調べる場所(ふるさと案内所)があったり、牧場でホームページ、SNSをされていて見学時の注意事項等を掲示している所もありますのでまずは《知る》ことから始めてみませんか?


牧場見学に興味のある方はふるさと案内所さんの《牧場見学の9箇条》やホームページをまずはチェック📚

HPでは、会いたい馬が見学できるか検索もできますし、その馬がいる牧場の注意事項なども確認することができます📝


牧場見学のほとんどは《牧場側の厚意》と《見学者のマナー》によって成り立っています。