top of page

チケゾーダッシュならぬ「ナカヤマダッシュ!」をご覧あれ🏃‍♂️💨🐴


 

北海道浦河町にある、馬をコンセプトにした観光ホテル

うらかわ優駿ビレッジAERU (アエル)》。

その魅力を日々発信し続けているスタッフ・太田篤志が、

現場でしか味わえない、大自然と馬との触れ合いをお届けします。

 


みなさんこんにちは🎃

乗馬課 太田です👨‍🌾

今年も紅葉の時期を迎え外乗のコースも綺麗に色付いています🍁日高山脈には雪化粧⛄️山にはこんな足跡も…🐾🐟


外乗コースの紅葉🍁日高山脈には雪化粧⛄️そしてヤツの足跡🐾


功労馬たちは伸びなくなってきた青草をちびちびと食べながら、そろそろ乾草を放牧地に入れる時期に差し掛かっています🍀


なかよしツインズ、ネットに入った乾草を一緒に食べてます😊なかよし(=´∀`)人(´∀`=)


ナカヤマダッシュ!チケゾーダッシュを思い出します☺️


スズカのヘドバンをマネするキッツ😂


さてさて!今回はコチラの話題からスタートです💁

Loveuma.連載1周年記念プレゼント企画へのご参加ありがとうございました🎁たくさんの方にご参加いただき、アンケートも読ませていただきました😊みなさんそれぞれに個性(?)があって見ていてとても面白くて参考になりました📝今後の連載にもヒントになるご意見も多数ありました🤗

プレゼントにつきましては1周年記念グッズ制作に時間がかかる事もあり、発表・発送などはもうしばらくお待ちくださいませ🙇‍♂️🙇‍♂️

この2週間の間に色々なイベントがありました🎪

まずは新ひだか町で開催された【うまカルフェス】の見学👀このイベントでは様々な馬の文化などを学べるイベントで、私は角居元調教師とノーザンレイク佐々木さんの引退馬活動トークショーに参加してきました🐴


セリ会場で行われた引退馬活動トークショー。大変参考になりました。


佐々木さんとは先日ノーザンレイクに伺いお話を聞くことができましたが、今回も引退馬を繋養する上での難しさや切実な問題など、同じ引退馬を扱う者として共感できるお話がたくさん聞けました。引退馬の牧場は個人牧場と組織として運営している牧場とでは人手や資金面で大きく差があるので、その牧場のキャパにあったやり方や支援の仕方などが必要だなと改めて感じました。AERUもできることとできないことがあります。ウチはウチのやり方で今後も引退馬活動をしていけたらと感じることができました。佐々木さんとはLoveuma.連載でご一緒させていただいているので、今後も一緒に盛り上げていけたらと思います。この度は貴重なお話ありがとうございました😊

うまカルフェスの翌日にはHBC競馬部バスツアーがAERUの引退馬見学に訪れ、私がご案内の担当をさせていただきました🚌札幌を出発し、1泊2日で日高の牧場や観光地を巡るバスツアーで、今回はAERUも見学先になっていました🚌


競馬部バスツアー見学時の様子。みなさん嬉しそうでした☺️


新なかよしツインズに歓声(小さめの声で)があがったり、マイネルキッツのイケメンっぷりにメロメロになっていたり、ナカヤマフェスタの草を食べるスピードに圧倒されているお客様もいらっしゃいました(笑)

通常はふれあいは禁止しているのですが、私が直接ご案内しているので、特別にオウケン、スズカ、キッツを順番に触ってふれあう時間を作ることもできました🙂参加者の皆様、楽しんでいただけたようで嬉しかったです😌

競馬部バスツアーが無事に終わった後すぐに別の団体旅行のバスツアー客のひき馬体験もあり、この日は団体のお客様が続きました。私がAERUで勤め始めた頃の10月は来場者ゼロの時も結構ありましたので、こうやって団体のバスツアーが日高や浦河に来てくださるような時代になったんだなぁ、と感慨深く感じる1日となりました。

更に更にその後は、ご存知【netkeiba】さんのInstagramでナカヤマフェスタのインスタライブが配信されました📹🌟