top of page

なかよしツインズの感動秘話😢💞オウケンブルースリがスズカフェニックスにとった行動とは🐴⁉


 

北海道浦河町にある、馬をコンセプトにした観光ホテル

うらかわ優駿ビレッジAERU (アエル)》。

その魅力を日々発信し続けているスタッフ・太田篤志が、

現場でしか味わえない、大自然と馬との触れ合いをお届けします。

 


みなさんこんにちは🌄


乗馬課 太田です👨‍🌾


2024年最初の記事となります📝

本年も元気な引退名馬たちの様子をお届けしてまいりますのでよろしくお願いいたします🙇‍♂️


2024年元旦初日の出🌄(←パイちゃん、マリンちゃん→)


今回はSNSでは伝えきれなかった1月2日の騎馬参拝の時のなかよしツインズ(オウケンブルースリ&スズカフェニックス)の絆の裏話をお届けいたします🥹


騎馬参拝は毎年行われる人馬の無病息災を祈願する行事で、日高育成牧場からAERU敷地内を抜けて西舎神社に馬に乗りながら参拝します⛩️


今年の騎馬参拝の様子⛩️浦河らしい行事ですよね


往復時に必ずAERUの放牧地前の通路を通るので、AERUの馬たちは知らない馬の行列に「なんだなんだ??」とまさに野次馬のようになります(笑)


今回の騎馬参拝、引退名馬たちはどうだったかというと…

マイネルキッツ→ちょっと気になる

ナカヤマフェスタ→あまり気にならない

オウケンブルースリ→あまり気にならない


といった感じなのですが、スズカフェニックスは他3頭に比べると気が小さく神経質なので毎年気になっちゃいます👀💦


騎馬参拝の行列がやってきた事に気がついた4頭👀

スズカが1番気になってるようです👀


騎馬参拝の様子を少し緊張しながら近くまで見に行っていたスズカは、途中でオウケンが近くにいないのがわかると、オウケンの元へ小走りで向かっていき、「見ないようにする👻」と言わんばかりに騎馬の行列に背を向けていました😲


その様子を見ていたオウケンがとった行動が……!

感動的で……!


オウケンは、自分のテリトリーがあるので映像のような距離感になると普段は耳を倒してちょっと怒ったり追い払うような動きをするのですが、なんとこの時は一度も怒ることなく、それどころか自分から顔を近づけたりして緊張しているスズカを安心させようとしているような仕草をしたのです🥹🥹


騎馬参拝に背を向けるスズカ…そんなスズカにオウケンがとった行動とは…🥹


そっと寄り添って安心感を与えている(様に私には見えました)オウケンさん🥹


少し安心したのか前を向いたスズカ。

途中からは一緒に並んで騎馬参拝の様子をしばらく見ていました🐴🐴

騎馬の行列が見えなくなるまでずーっと動かないで静かにスズカに寄り添っていたオウケンが自分の目にはメチャクチャ優しく映り、カッコよかったです🥹🥹


前を向いてからもずっと寄り添うオウケンさん

騎馬参拝の姿が見えなくなるまでずっと、こうしてました🥲


時々こんな感じで「気にしなくて大丈夫だよ〜」となだめるような場面も🥲


2頭のシンクロ度も急激にアップしたのではないかと…😍


普段からベッタリな馬だったらわかるのですが、普段のオウケンが近づきすぎると怒る馬なのを毎日見ている自分は知っているので、今回彼がとった行動があまりにも意外で、そして感動する出来事でした🥹


《普段はクールだけど、困った人がいたらそっと寄り添ってあげる超絶イケメン》みたいなドラマに出てきそうな男っぷりに久しぶりにキュンキュンしてしまいました😍(私、男ですが)


行事が終わった後は、またいつも通りな関係性に😂でも、見えない絆が確かに感じられた1日となりました👏



さて、年が明けて馬たちは皆、馬齢がひとつ上がりました。

スズカは22歳

キッツは21歳

オウケンは19歳

フェスタは18歳です。



年始から生牧草がたくさん届いています😆

みんな大喜びで食べています🎊ありがとうございます!


最年長のスズカが1番頼りないってのもスズカらしくて可愛いですね(笑)みんななかよく元気に今年も過ごしていこうね🍀


1月13日からは引退名馬とふれあえる【AERUファンミーティング】が開催されます📸


その様子はまた後日お届けいたします✨


次回は1月25日!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました😊


また再来週👋


乗馬課 太田👨‍🌾

(つづく)


 

『AERUで会える!』連載1周年記念グッズを販売中🎉


ご好評いただいているLoveuma.のオフィシャルオンラインショップに新しいデザインが追加されました!



今回のデザインは、Loveuma.の人気連載『AERUで会える!』の連載開始1周年記念として、読者の皆さんから募集したキャッチコピーと、AERUでのびのびと過ごす中で垣間見える、引退名馬たちの個性が爆発している瞬間を切り取り、ビジュアルに落とし込みました。

キャッチコピーのアンケートにご参加いただいた方々、ありがとうございました。



このオンラインショップは、GMOペパボ株式会社が手がける、オリジナルグッズを手軽に作成・販売できる『SUZURI』を利用しています。


梱包・配送・原価設定は全てSUZURIが行っており、全商品共通で1アイテムの購入につき1,500円の収益が発生いたします。Loveuma.は、その収益の100%を、引退馬支援に活用させていただきます。(詳細は各アイテムの概要欄をご確認ください)


グッズの詳細、販売ページは下のボタンをクリック👇


 

こちらもチェック




 

協力:うらかわ優駿ビレッジ AERU

文:太田 篤志

編集:平林 健一・椎葉 権成・片川 晴喜

著作:Creem Pan

 


2 Comments


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年も馬たちの日常を中心に、自分視点で色々と発信して記事にしていきたいと思います!

Like

なんだなんだレースか?

 俺たちは出なくて良いのか?


☝️YouTubeの同じ動画に投稿されていたコメントの一つですが、コレに一票入れたいですね。

というのも、(今更ですが😅)引き馬とポニーライダーだけが参拝するのではないということを、今年になってようやく気づいたからです。


騎乗技術の上達祈願のため、普通サイズのサラブレッドに跨った人たちも、整然と隊列を組んで神社に向かう。周りには人間がたくさん集まってきて笑ったり喋ったりで賑わう。

その光景はまさに、功労馬たちに現役時代のパドックを思い起こさせるのではないでしょうか?


記憶力が良さそうなスズカは、毎年ドキドキしながら見守る。(「なんだなんだレースか?」)

しかしいつまで経ってもレースが始まらない。ちょっと気が抜けてフードコート(?)に戻る。

オウケンが気遣いと情報収集を兼ねて寄ってくる。(「オイ、だいじょうぶか? 俺たちは出なくて良いのか?」)


去年もパドックは見たがレースはなかったので今年もたぶんないと思うが確約はできない慎重派のスズカ。念のため、もう一回現地方向を確認。オウケンも付き合う。(ふたりとも、引退したんだから馬券を買ってもいいのでは...とシンクロで思っているようにも見える)


やがて騎馬行列はいずこともなく消え去り、人声も車の音も途絶えてAERUに静けさが戻る。

ホッとした反面、なぜか少し淋しくなるスズカ。オウケンは引き続き寄り添っている。(他馬に近接すると暖かいことがわかった♨️)


結論は太田さんと同じですよ。✌️☺️

上のような成り行きで(はないかもしれないけど)何かをきっかけに個体間距離が縮まることで、スズカを大切な仲間だと思うオウケンの気持ちが強くなるのだと思います。

緊張気味のスズカの馬体のにおいを嗅いだり、ちょっと甘えるような元気づけるような仕草をしているのは、関心が高まったしるし。


>《普段はクールだけど、困った人がいたらそっと寄り添ってあげる超絶イケメン》


☝️このたとえにも、もちろん一票❣️


本年もAERUの皆様にはどうかお健やかに、人馬の平和な毎日をお祈り申し上げます。😌🙏🏻

Like
bottom of page