top of page

「流鏑馬×アイドル」というキセキの出会い by星野 菜々さん【桜花のキセキ】




「withuma.」vol.26 星野 菜々さん



Profile

お名前:星野 菜々さん

誕生日:4月21日

居住地:東京都

Twitter:@Nanaxouka

Instagram:@nanac0421

 

第26回は、星野菜々さん、馬事文化応援アイドル「桜花のキセキ」メンバーの女性です!

いったいどのような「withuma.」を送っていらっしゃるのでしょうか?

 


星野 菜々さんの「withuma.」


私が馬を知るきっかけとなったのは、馬事文化応援アイドル「桜花のキセキ」というアイドルグループのメンバーになったことがきっかけです。


幼い頃の夢は「アイドルになること」だった私ですが、桜花のキセキの加入前は一般企業に勤めていました。

その会社で出会ったパートさんから、乗馬や競馬に誘われていたのですが、なかなか思うように休みが取れずに、結局乗馬や競馬場に行くことはありませんでした。

ふとした時に「このまま、自分に興味があること、やりたいこともできずに時間が過ぎていくのは嫌だ!」 と思い転職サイトを見ていると、アイドルに憧れを抱いていたことを思い出し、オーディションサイトに行きつき、桜花のキセキの募集を見つけました。

興味があった乗馬や競馬をやりながら、昔からの夢だったアイドルができるなんて、いいこと尽くめでしかない!と思い、桜花のキセキのオーディションに応募しました。


そんな私が、桜花のキセキのメンバーとして活動する上で意識しているのが、今まで馬との関わりがなかった方に、いろんな形で馬に興味を持っていただきたいということです。


興味があるけどきっかけがない。

桜花のキセキに加入する以前の私のような方は世の中にたくさんいると思います。

そんな方達のきっかけに私がなれたらこんな素敵なことはないなと思っています。


『ホースメッセ』という、横浜の赤レンガ倉庫で行われているイベントがあるのをご存知ですか?

私が本格的に馬に魅了されるきっかけとなったのは、まさに2019年の1月に行われた、『ホースメッセ』です。

その時はイベントなどのお手伝いをさせていただいていたのですが、休憩中に"流鏑馬のブースがある"とマネージャーから話を聞き、今思うとその時は流鏑馬を生で見たこともないし、特段やりたいという意識があったわけでもないのですが、「ブースに行きたい!」と強く思ったのです。

そして、青森県十和田市にある「十和田乗馬倶楽部」のブースに伺ったところ、「桜流鏑馬」のポスターの日付が、見覚えのある自分の誕生日だったことから、マネージャーに対して反射的に、「私この大会に出たいです」と勝手に宣言し、返答を聞かずに十和田乗馬倶楽部のブースにいたスタッフの方に、「すみません、これ私でも出来ますか?」と聞いていました。

家に帰り、その日の夜に桜花のキセキ運営サイドに向けた「流鏑馬チャレンジについて」の企画書を作成しました。


(ホースメッセ「十和田乗馬クラブ」ブースにて)


実は、企画書自体をイチからを作るのは初めてで、サイトで調べながら見よう見まねで作成し、3日後には私が流鏑馬の合宿を行うことが決まっていました。

やったこともない流鏑馬になぜ、こんなに熱意を抱いたのか、今では本当に不思議な気持ちになります。


その後も、自分の中に現れた流鏑馬に対する熱意は冷めることもなく、色々と調べていくうちに、流鏑馬では「和種馬」という種類の馬が使用されることを知りました。

そして、その「和種馬」の活躍の場が今とても少なくなっていることを知り、「もっとこの業界を盛り上げていきたい!」と、冷めるどころか、そのことばかりに思いを馳せる日々になりました。

そして、流鏑馬チャレンジ合宿のクラウドファンディングを行い、資金を集めさせていただき、同年8月には「乗馬」も「弓道」も経験がない中で流鏑馬に挑戦し、さらには流鏑馬の新人戦に出場するという2週間程度の合宿をスタートさせました。



その合宿では、「飛(とび)」という一頭の流鏑馬ホースと呼ばれる流鏑馬競技に特化した馬と運命の出会いを果たし、'無謀'とも言われた挑戦は、周りの方の応援やサポートもあり、なんと新人戦では3位入賞を果たすことができました。


正直なところ、あの時、'3位入賞'という結果をいただいていなければ、「今も流鏑馬を続けていると思いますか?」と質問されて、「はい」と自信を持って答えられません。

あの時にあの結果があったから、たった2週間程度の合宿でしたが、'悔しい、もっと深く知って流鏑馬を盛り上げたい'と思えたのです。




その時は、なぜそんな感情になったのかはわかりませんが、おそらく何日も何日もかけて大会に向けて練習してきたことが、1走わずか10数秒で終わってしまう。 大会を通しても、その10数秒のために人も馬も頑張っているんだと、その流鏑馬の儚い美しさに魅了されたのかもしれません。


流鏑馬は基本的に、スタートで一度手を離したら、ゴールまでは手綱を握ることはありません。

手綱を放した後は、'舌鼓'や'追い鞭'などでスピードをコントロールします。

走っている時も、私の'舌鼓'の音に反応し、耳をこちらに傾けてくれます。

飛は、私が右も左もわからない時から、拙い私の指示を懸命に聞こうとしてくれました。

人間が愛情を注げば、不器用ながらも一生懸命に答えようとしてくれる。

その姿に胸を打たれます。

そういった馬の健気な性格や、少しずつお互いに理解し合い関係地を築き上げていく部分だったりが、とても魅力的に感じます。



(飛と同じ表情で写真を撮る星野さん)


2019年の大会後、新型コロナウイルスの影響により、2020年は全くと言っていいほど思うような練習や大会出場ができず、本格的に流鏑馬の練習や大会出場を行うようになったのは2021年からでした。


現在は、リース契約という形を飛と結び、練習に励むことになりました。

(※リース契約とは1年間のオーナー契約で優先的にその馬に乗ることができ、大会もパートナーとして出場することが可能です。)


2021年4月には、憧れの大会であった「桜流鏑馬」の初級の部に出場し3位入賞、新人賞を受賞いたしました。



そして、同年10月に行われた「世界流鏑馬選手権」の初級の部に出場した際には優勝し、弓使い賞までいただくことができました。




その後も、東京の方にいながらできる練習やトレーニングを行い、翌年の桜流鏑馬に向けて練習をし、2022年の4月に行われた「桜流鏑馬」の初級の部の優勝者になることができました。




その後、一つクラスがあがり中級クラスのプレイヤーになりました。


そして、ありがたいことに2022年はたくさんの大会を経験させていただきました。


同年6月 THRCホースショー流鏑馬大会 優勝

同年8月 八戸大会 一般の部 3位

同年10月 世界流鏑馬選手権 中級の部 3位


と、 出場した大会では多くの賞状を頂くことが出来ました。

ここまで来れたのは間違いなく、相棒である飛の力のおかげでした。


(2022 THRCホースショー流鏑馬大会)


(2022 八戸大会 一般の部)


(2022 世界流鏑馬選手権 中級の部)

 

素敵なお写真の数々から、流鏑馬の魅力が存分に伝わってきました!


ホースメッセでの直感的な出会いを受けて、すぐに流鏑馬の企画書を作成し、合宿へと行かれたその行動力が素晴らしいと感じました。

withuma vol.25 「元競走馬を引き取りオーナーに!数々の試練を乗り越え生まれた、人と馬の絆の物語。by 井口 久美子さん」でも、「まずは行動すること」が大切であると仰っていたように、星野さんも行動されたからこそ出会うことが出来た、今の流鏑馬ライフなのだと思いました。