top of page

天皇賞・春を制した"あの名馬"がAERUにやってくる⁉️ウイニングチケットの墓碑も完成🌈🐴


 

北海道浦河町にある、馬をコンセプトにした観光ホテル

うらかわ優駿ビレッジAERU (アエル)》。

その魅力を日々発信し続けているスタッフ・太田篤志が、

現場でしか味わえない、大自然と馬との触れ合いをお届けします。

 


みなさんこんにちは☀️👨‍🌾

ゴールデンウィーク真っ只中ですがいかがお過ごしでしょうか🌸

浦河は4/29.30日にAERUを会場に【浦河桜まつり】が開催されました🌸



桜まつり会場の様子🌸浦河町のゆるキャラ【うららん・かわたん】も来てました🍓🐟


色々なイベントがあって盛りあがっていたようです🙌

さて、今年のGWは桜の開花が早まったり、天気が不安定な日が多く、なんだか落ち着かない感じがしますが、それでもお花見のお客様で連日賑やかになっています🚗コロナの制限が緩和され、ずいぶん観光客が戻ってきたなぁ、という印象です(*'-'*)




桜をバックに写真を撮れるのは数日だけ…🌸今年もいい写真が撮れました📷✨(2頭ともベー👅してます)



スズカとオウケンの馬房にスタッフ手作りの馬名札を貼りました📛


乗用馬たちもトレッキングやひき馬で大忙し🙇‍♂️

連休後半も人馬みんなで元気に乗り切っていきたいと思います👨‍🌾🐴👩‍🌾

さて、今回お届けするニュースは、、

1️⃣マイネルキッツ号がAERUに‼️

2️⃣ウイニングチケットの墓碑が完成🪦

まずはコチラ💁

神奈川県の【馬の博物館】さんで乗用馬として活躍していた2009年春の天皇賞馬《マイネルキッツ号》がこの度AERUに移動することとなりました🐎


マイネルキッツ号※写真提供(馬の博物館様)の博物館様)


5月下旬の入厩予定です🗓️(詳細は決まり次第ご報告します)

マイネルキッツ号に関しましては関係者の方とのご縁でトントン拍子に話が進み、今回嬉しいお知らせを発表することができました🗞️

競走馬を引退後は馬の博物館さんの方で乗用馬として長い間活躍していたそうで、競技会などにも出ていたとのこと🏇

AERUでは、乗用馬として活躍していたマイネルキッツ号をどのような形で繋養していくか(乗用馬としてなのか、功労馬としてなのか)、環境の変化などもありますのでゆっくり考えて判断したいと思っています☺️

そういえばマイネルキッツ号を調べてみると色々発見がありました💡

写真を見ると鹿毛かな?と思っていたのですが栗毛なんですね🌰

という事でまたもや栗毛の名馬が来ることになりました😆しかも流星がスズカとそっくり😳これはまた話題になりそうな予感です😂


左がマイネルキッツ、右がスズカフェニックス🐴

流星は似てますが、同じ栗毛でも前髪やたてがみの毛色が違うので見分けがつきそうですね🌟


そして競走馬時代の戦績を見ると…

オウケンブルースリと何度も同じレースに出ているではありませんか🏇🏇

2009年ジャパンカップ、ハナ差の2着だったオウケンブルースリのあのレースにも出ていたんですね😳


2009年ジャパンカップ🏇左から3番目がマイネルキッツで写真中央のド派手流星がオウケンブルースリ

かつてのライバルがこうしてAERUで再会するなんて、なんだか嬉しくなります☺️

スズカフェニックス21歳

マイネルキッツ20歳

オウケンブルースリ18歳

同じ時代を駈けぬけた仲間に会えるのが、今から楽しみです😊🌟

そしてもうひとつお知らせ📢

ウイニングチケットの墓碑が新ひだか町の桜舞馬公園内に建立されました🪦


ウイニングチケットの墓碑 ※写真提供(パカパカ工房様)


近くには半弟のロイヤルタッチの墓碑や功労繁殖雌馬の石碑に母のパワフルレディの名前もあり、家族や兄弟がいる所にかえることができて、本当によかったです☺️



半弟ロイヤルタッチの墓碑や母パワフルレディの碑も近くにあります😌


冬季間以外は見学可との事ですので、ぜひお近くにお越しの際は会いに行ってみてはいかがでしょうか😌

私も連休が終わったら手を合わせに行こうと思います🌸

今回のお話はここまで👍

最後までお読みいただきありがとうございました🙏

みなさま楽しい連休をお過ごしください🥳


乗馬課 太田👨‍🌾

(つづく)


 

Loveuma.のオフィシャルグッズを販売するオンラインショップをオープンしています。

Loveuma.の人気連載『AERUで会える!』でお馴染みのウイニングチケット・スズカフェニックス・オウケンブルースリをモチーフにしたアイテムを展開中!




 

こちらもチェック


▲ここをタップ / クリック

▲ここをタップ / クリック

▲ここをタップ / クリック

 

協力:うらかわ優駿ビレッジ AERU

文:太田 篤志

編集:平林 健一・椎葉 権成・片川 晴喜

著作:Creem Pan

 


Join us !!


Комментарии

Не удалось загрузить комментарии
Похоже, возникла техническая проблема. Заново подключитесь к интернету или обновите страницу.
bottom of page