top of page

メトも遂にウマ娘デビュー(?)🐈 写真集のオフショットも公開❗️📸 メイショウドトウは青草に大興奮🐴😆


 

北海道新冠町にある、引退馬の牧場ノーザンレイク。

そこで毎日を過ごしているライター・佐々木祥恵が、

馬ときどき猫な日々を綴ります。

 


メトが再びTwitterのトレンド入りを果たした。以下のtweetがトレンド入りした理由だ。


先々週の地上波デビューに続き、先週はウマ娘デビューと今メトの勢いがすごい。引退馬協会様経由で、ウマ娘プロジェクト公式アカウントにおいて、2nd Annibaersaryカウントダウン用のイラストにメトカラーの猫を登場させていいのかの確認が運営側から来たのだが、ウマ娘やドットさん、メトファンに喜んでいただけるのならと即OKした。できあがってきたイラストの中の猫は、メトそのものといった感じでリアルに描かれていた。知人からはゲームやアニメにも登場するのかを聞かれたのだが、さてどうなのだろう?ウチとしては全く問題ないとこの場で一応表明しておこう。


メイショウドトウの上にメトカラーの猫が!


先週はメト写真集の撮影も行われた。寒い日は早朝パトロールの後、家に戻ってきて一休みすることが多い。少し気温が高くなると、ご飯を食べから再び外に出て休憩室で寝るというのがメトのルーティンだ。撮影初日はなかなか家から出てこなくて、もっぱら馬の撮影か雑談で時間が過ぎた。午前11時半近くにやっとメトは外に出てきて、そこからしばしの撮影タイム。昼休憩ののち、今度は夕方に撮影タイム。翌日は前日よりも早めにメトが厩舎近くに姿を現し、休憩室に入ると通称スオミさんの膝の上に鎮座した。ノーザンレイクは引退馬の牧場のはずだが、最近目立っているのはもっぱら猫のメトだ。今やこの小さな生き物(猫の中では巨大とされているが)が、ノーザンレイクを牽引してくれていると言っても過言ではない。



スオミさんの膝が気に入ったメト


メト撮影中


メトも人気だが、相変わらずドットさん(メイショウドトウ)の人気もすごい。SNSにアップするとあっという間に、いいねやコメントがつく。「可愛い」「癒される」というワードが特に多い。確かにいつも近くで接していても、表情や仕草が可愛らしく感じる。基本的には穏やかだが、時折、テンションが高めの時もある。この動画は慌ててスマホのカメラを起動させたので私の指が入り大失敗だったのだが、この時は女子チームが放牧地ではっちゃけていて、それに感化されたドットさんがパドックを飛び跳ねたり走ったりしていた。その最中にファンからのプレゼントの生牧草が運ばれてきて、嬉しさのあまり動画のような動きになったのだ。


青草が嬉しくてはしゃぐドットさん


3月25日に満27歳になるとは思えないほど、ドットさんは子供っぽい表情や仕草をすることがある。


可愛いと評判のドットさんのお湯のみシーンや舌ペロペロ


人参がほしいのにもらえない時など、顔を伸ばしてギュッと服を引っ張ることもある。ただし体が大きいので、かなり力強い。ドットさんに関しては、基本的に人に敵意は持っていないように見えるので攻撃することはほぼないとは思うが、ドットさんをはじめ馬たちと接する時は自分自身常に注意を払っている。

 

なので一般の方には、申し訳ないのだが一定の距離を取って見学をしていただき、もちろん触るのは禁止している。穏やかな馬でも、嫌な場所を触られれば噛みつく場合もあるし、噛みつかれて怪我をしたり、衣服が破られたりするケースもあるからだ。(特にキリシマノホシは、見知らぬ人にすぐに耳を絞って噛みつこうとするので要注意)そのようなトラブルが起きると双方後味が悪いし、牧場側の管理責任が問われることにもなるだろう。


このキリシマノホシの逆鱗に触れたのはタッチノネガイだったが、人間がやられる時もある


今回ドットさんのエピソードからの流れで見学マナーについて書いたのは、某テーマパークでのマナー違反のtweetを目にしたからだ。テーマパークという性質上、ある程度自由に見学できるし、出入り可能な厩舎もある。スタッフに許可を取れば馬を触ることもできるようだ。だがウチの場合、まず観光施設ではない。その上、オーナー様からの預かり馬がいるので、責任を持って管理しなければならない。今年春から見学日や見学者の人数を増やすことも検討していたが、tweetを見て当面は現行のままでいくことにした。(見学日設定、事前予約、目が届く範囲の人数、私の案内付き)

ただ気になるのはマナー違反があると「ウマ娘」からのファンがやったという意見が必ず出ることだ。私的にはウマ娘ではない競馬ファンやウマ娘からのファン、そのどちらでもなライトな層など、どのような立場でもマナー違反をする人はすると思っている。ちなみにノーザンレイクに見学に訪れる「ウマ娘」からのファンは、皆さん常識があって問題に感じたことはほぼない。確かにウマ娘からの方は、競馬に興味を持ってからの年数が浅いかもしれない。でも誰もが最初は初心者なのだし、どんな人にも失敗はある。マナー問題の解決はなかなか難しそうだが、ノーザンレイクとしてもライターとしても、マナーを守っていただけるようできるだけ努力をしていきたい。


今後ともノーザンレイクをよろしくお願い申し上げます。(メトより)

(つづく)

 

Loveuma.のオフィシャルグッズを販売するオンラインショップをオープンしています。

ノーザンレイクダイアリーでお馴染みの、メトと芦毛ちゃんをモチーフにしたデザインのグッズに加え、アイヌ文様をモチーフにした新たなデザインのグッズも展開中!




 


【ご寄付について】


ノーザンレイクでは運営資金のご寄付を受け付けております。