top of page

08'菊花賞の覇者は、"癒し系"転向でファンもギャップ萌え!?|オウケンブルースリ vol.2



 

かつて観衆を沸かせた名馬の“今”を紹介!


走り終えた今も、観衆を魅了したあの日の輝きは、決して色褪せない。

全国で暮らす、名馬の個性と“今”を集める『ウチの子はあの名馬!個性にLOVE❤︎ 引退馬コレクション』をお届けします!


今回のコレクションは、2008年の菊花賞(G1)などを制した、オウケンブルースリ!


現在は、北海道浦河郡にあるうらかわ優駿ビレッジAERUで暮らしているとのこと。


そのお世話をしている太田さんにマル秘情報をたくさん聞いちゃいました!

 



太田 篤志 さん

(うらかわ優駿ビレッジAERU 乗馬課マネージャー)


ウマ歴:20年くらい

出身地:北海道・札幌市

趣味:ナイショ

特技:ナイショ




オウケンブルースリ

ニックネーム|オウケン、アチョーくん等

生年月日|2005年2月24日

生産者|ノーザンファーム

馬主|福井明

戦績|27戦5勝(2着5回,3着2回)

獲得賞金|5億386万円(中央)

主な勝鞍|2008年菊花賞(G1)

父|ジャングルポケット

母|シルバージョイ

母父|Silver Deputy

ここにきた日|2023年1月20日


 

同じ浦河町内のイーストスタッドで種牡馬として過ごしていたオウケンブルースリですが、種牡馬を引退することになり、AERUさんで功労馬として余生を過ごすことになったそうです。


こちらの施設では、功労馬として繋養していたタイムパラドックスが2022年に亡くなり、功労馬がウイニングチケット・スズカフェニックスの2頭のみだったこともあり、お引き受けされたとのこと。


同じ町内なので輸送の負担も少なく、馬へのストレスも少なく済んだようです。


この記事と同じく『Loveuma.』で連載中の、『AERUで会える!』では、オウケンブルースリがAERUにやってきた日の様子をご覧いただけます!


ぜひそちらもチェックしてみてください!

 


 

なるほど、、、派手なお顔とは対照的に、感情の波は穏やかなんですね!


担当している太田さんに、オウケンの"印象的なエピソード"を聞いてみました!


「3月からスズカフェニックスと同じ放牧地にしているのですが、ある日、繊細なスズカが興奮して放牧地を走り回っていたのですが、同じ放牧地のオウケンは、そんなスズカを尻目にいつもと変わらず青草をのんびり食んでいたこと。スズカの性格と対極にいるんだなぁと驚きました。」


確かに前回紹介していただいたスズカの個性ポイントとはほぼ真逆ですね!


「考えるな、感じろ」(ブルース・リーの名言)とつぶやいていそうなお顔です(笑)


※スズカフェニックスの記事をまだお読みでない方は、こちらからご覧ください!


 


 

これは派手派手な大流星ですね!遠くからでも一目でわかります☆彡👀


本当に犬の顔そっくり!!!😲

(※鼻孔が目、黒点が鼻と思って見てみてください)



スズカフェニックスとオウケンブルースりを同じ放牧地にした初日、興味津々で近づくスズカとは対照的に、オウケンは、ほとんど無関心だったようです。


見事なまでに絶妙な距離感のオウケンとスズカ

 


2023年1月からAERUに仲間入りしたオウケンブルースリ。

競走馬時代から一目でわかる大流星などが人気でファンも多い馬です。

AERUに来てからはマイペースさに拍車がかかり、18歳とは思えない落ち着きっぷり(ちょっとジジくさい😂)です。


癒される顔立ちや性格が、見学に来た方のハートを射抜いていっております🤣

オウケンとスズカの《静と動》の新コンビ、ぜひ会いに来てみてくださいね👀✨


 

太田さん、オウケンのマル秘情報をたっぷりご提供いただき、ありがとうございました!

ちなみに、オウケンの見学は予約不要で受け付けておられるそうです!

※団体の場合は事前のお問い合わせが必要になります。



そしてうらかわ優駿ビレッジAERUさんのSNSからも、その姿をチェックできるので、ぜひフォローしてみてください♫


Twitter|@aeru_joba

Instagram|aeru_urakawa

Facebook|@aeru.urakawa

 

 

協力:うらかわ優駿ビレッジAERU

取材・文:片川 晴喜

編集・監修:平林 健一

制作:Creem Pan

著作:Creem Pan・GJ

 

supported by



1 Comment


HisMajesty Graustark
HisMajesty Graustark
May 31, 2023

《見事なまでに絶妙な距離感のオウケンとスズカ》

  ー ジョージ・スタッブス(英 1724~1860) ☜ ウソ😝💦


巨匠の作だと嘘をついてみたくなるほど名画感たっぷりなツーショット。玄関に飾りたいですね。


「この子の性格」はほぼ左寄りですけど、天然でずぶとく構えた慎重な子なら少食でもクールに菊花賞を勝てるのだ!🌼✌️😤ということですか? ほぉ~ 。。。😮。。。。


鼻先に犬を飼っていることといい、18歳とは思えぬ悟りの境地を開いていることといい、白昼じっと牧柵を噛みしめながら瞑想に耽るところといい、なんだか偉い仙人の生まれ変わりみたいです。(牧柵仙人🙏🏻)

これからも天然でいいからずっとスズカのそばにいて、「すべて世は事もなし」と安心させてあげてくださいね!☺️

Like
bottom of page