top of page

'05 フェブラリーSを制した、芝・ダート両重賞制覇の二刀流サラブレッドは、感情表現がちょっぴり不器用な"甘えん坊"に|メイショウボーラー vol.24



この度の能登半島地震に被災された皆さまへ、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早いご復興をお祈り致します。


 

かつて観衆を沸かせた名馬の"今"を紹介!

走り終えた今も、観衆を魅了したあの日の輝きは、決して色褪せない。

全国で暮らす、名馬の個性と"今"を集める『ウチの子はあの名馬!個性にLOVE❤︎ 引退馬コレクション』をお届けします!


今回のコレクションは、2003年のデイリー杯2歳S(G2)や2005年のフェブラリーS(G1)などを制した、メイショウボーラー!

 

現在は、北海道沙流郡日高町にある、ひだか・ホース・フレンズで暮らしているとのこと。

そのお世話をしている村上さんにマル秘情報をたくさん聞いちゃいました!

 



村上 善己さん

ひだか・ホース・フレンズ 場長


ウマ歴:44年

出身地:北海道沙流郡平取町

趣味:カラオケ

休日の過ごし方:食べ歩き




メイショウボーラー

ニックネーム|ボーラー、ボー

生年月日|2001年4月16日

生産者|日の出牧場

馬主|松本好雄

戦績|29戦7勝(2着5回,3着3回)

獲得賞金|4億3,382万円(中央)、3,290万円(地方)

主な勝鞍|2003年 デイリー杯2歳S(G2)、2005年 フェブラリーS(G1)

父|タイキシャトル

母|ナイスレイズ

母父|Storm Cat

ここにきた日|2022年12月19日

 

メイショウボーラーは2003年7月のデビュー戦を勝利で飾ると、続くフェニックス賞(OP)でも1着となり、小倉2歳S(G3)に出走。

単勝1.5倍の1番人気に推された同馬は、好スタートから先頭に立つと、直線に向いても後続馬に影を踏ませることなく突き放し、2着に5馬身差をつけての完勝。

続いて同年10月のデイリー杯2歳S(G2)にも出走し、ここでも単勝1.7倍と断然の支持を集めると、最内枠を活かしてハナを奪い、直線でも一切脚が衰えずに先頭のまま押し切る強い競馬で優勝しました。

次走、デビューから4連勝、重賞2連勝で満を持して朝日杯FS(G1)に出走しますが、中山の急坂もあってか最後は脚が止まり、ゴール手前でコスモサンビームに交わされての2着となりました。

 

年が明けた2004年は弥生賞(G2)から始動して、コスモバルクの2着に敗れるも皐月賞(G1)への優先出走権を獲得。

皐月賞(G1)では6番人気と少し人気を落としましたが、ダイワメジャーとコスモバルクに続く3着に健闘し、次走は適正距離であるマイル戦へと照準を合わせてNHKマイルC(G1)に出走、ここでもキングカメハメハとコスモサンビームの3着に健闘します。

その後安田記念(G1)への出走後、胃潰瘍により休養へと入り、復帰した秋にはスワンS(G2)でも3着となりますが、遂に3歳シーズンは勝利を挙げることが出来ませんでした。

 

そして2005年の4歳シーズン初戦、これまで芝の重賞レースを2勝していたメイショウボーラーが出走したのは、なんとダート重賞のガーネットS(G3)。

レースでは好スタートから3番手好位で運ぶ形で、最終コーナーで逃げ馬を捉えて先頭に立つと、直線では後続を突き放して1頭独走状態のまま2着馬に3馬身差をつけての快勝。

これで芝・ダート両重賞を制覇した競走馬となります。

元々前進気勢が強く、芝のスプリント戦で見せていたようにスピードにも恵まれていたメイショウボーラー。

成長するごとに短距離向きの筋肉が備わってきたことに加え、調教ではダートコースでもいい動きを見せていたことから、陣営の機転でダート重賞へと挑戦したものでした。

 

次走は、ガーネットS(G3)での強い勝ち方を受けて根岸S(G3)に出走すると、この馬本来の競馬パターンでありながら久しく見せていなかった逃げの手に出て、先頭のまま最終コーナーを通過。

後続が殺到するかに思われた直線コースでも、その脚は衰えを見せず、最後は2着馬に7馬身差をつけての圧勝劇を披露しました。

 

そして同年2月、ダート重賞を連勝したメイショウボーラーは、中2週でフェブラリーS(G1)に参戦。

下馬評では、前年の同レースを制したアドマイヤドン、地方交流G1を3勝しているユートピア、2004年のジャパンカップダート(G1)に加え、前走川崎記念(G1)を勝って挑んだタイムパラドックスなど、並み居る強豪が出揃った中で、なんと1番人気2.0倍の支持を受けたメイショウボーラー。

レース本番は好スタートからハナを奪うと、後続に4~5馬身のリードを保ったまま直線へ入り、2番手以降混戦の中、ただ1頭突き抜けたメイショウボーラーは、そのリードを徐々に縮められながらも、しぶとく粘り込みを図り、最後は2着シーキングザダイヤに1.1/4馬身差をつけて1着でゴール。

2歳時には芝重賞で2勝を挙げ、3歳芝G1レースでも好走していた競走馬が、遂にダート競走で初のG1タイトルを手にしました。

 

その後は、同年末の兵庫ゴールドトロフィ(G3)で2着、2006年のサマーチャンピオン(G3)で2着、2006年10月にはスプリンターズS(G1)でも2着となるなど、芝・ダート両重賞レースで好走したほか、2006年12月には香港スプリント(G1)へ出走して海外にも足を延ばしました。


同馬は、9か月振りに出走を果たした2007年のスプリンターズS(G1)が現役最後のレースとなり、同年10月27日付で競走馬登録を抹消。

引退後はイーストスタッドで種牡馬となり、2017年のJBCスプリント(G1)優勝のニシケンモノノフなどを輩出していましたが、キャリア14年目となる2022年に種牡馬を引退。

認定NPO法人引退馬協会のフォスターホース(「ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーション」対象馬)として、現在の「ひだか・ホース・フレンズ」にやって来ました。

 


 

かしこさ&食欲はMAXの☆5なのですね。

舌を出している可愛らしいお写真からは、アザトイ雰囲気も感じられます!

 

担当している村上さんに、メイショウボーラーの"印象的なエピソード"を聞いてみました!

 

「入厩当初に噛みつきの洗礼を受けました。

頑固なところがありますが、徐々に環境に慣れ、穏やかな瞳、顔つきになりました。

 

いたずらで人の足を踏もうとするのですが、その癖は父・タイキシャトルと同じだとか。

ときおり、タイキシャトルに似た表情を見せることもあります。

やはり父子ですね。」

 

なるほど、血は争えないのですね。

競走馬は母親と一緒に過ごす時間はあっても、父親と過ごす時間は全くありませんから、見て真似ることはできない訳で、やはり遺伝なのでしょうか。

 


 

可愛い表情を見せるメイショウボーラー


メイショウボーラーの「鼻」


鼻にある"ほくろ"を確認しました!

ゆるゆる唇も可愛らしいですね(笑)


桃と見間違えるメイショウボーラーの鼻


柵の上からのぞくメイショウボーラー


これは「スキスキ」にも挙がっていたメイショウアイアンをチラチラ見ている様子なのだそうです。

 


繊細さを持っていて、"かまってちゃん""甘えん坊"なところもあります。

表現が不器用なところもありますが、触れていくと可愛さを感じます。

近頃は穏やかな良い顔を見せてくれるようになりました。

ぜひボーラーに会いに来てください!

 

村上さん、メイショウボーラーのマル秘情報をたっぷりご提供いただき、ありがとうございました!

なお、見学には予約が必要となっています。

※ひだか・ホース・フレンズ公式サイト上に申し込みフォームがあります。

 

見学の詳細について、一般見学の方は「競走馬のふるさと案内所」をご参照ください。

 

引退馬協会会員様は、会員専用ページをご参照ください。

 

そして、ひだか・ホース・フレンズさんのSNSと、引退馬協会のYouTubeチャンネル、「ホース・フレンズだより」から、メイショウボーラーの姿をチェックできるので、ぜひフォローしてみてください♫

 

X(旧:Twitter)|@UmaTomo_Hidaka

Instagram|umatomo.hidaka

Facebook|UmaTomo.Hidaka

「ホース・フレンズだより」|https://rha.or.jp/f/deepsky/index.html

 

 

協力:認定NPO法人 引退馬協会

   ひだか・ホース・フレンズ

取材・文:片川 晴喜

デザイン・編集:椎葉 権成

制作:Creem Pan

著作:Creem Pan・GJ

 

supported by





1 comentario


「日の出牧場🌅」で生まれたとは縁起がよろしい。明けましておめでとうございます。

今年もひだか・ホース・フレンズさんの人馬が息災でありますように!😌🙏🏻💕

メイショウボーラーは芝とダートの二刀流か。。。

ちょうど、島田明宏さんの新著『ブリーダーズ・ロマン』(集英社、2023)を読み終えたところです。

芝・ダート、平地・障害、日本・欧州、などの〈二刀流〉がキーワードとなる作品で、個人的にはホウライアキコ号を思い浮かべながら楽しく読みました。

元々芝の短距離路線で走り重賞2勝桜花賞4着と結果も出していた同馬は、5歳になった2016年、熊沢重文騎手の騎乗で障害転向の初戦(障害競走には新馬戦がないので3歳以上未勝利戦)に臨み、見事一番人気1着でデビューを飾ったのですよね。


この快挙について、当時、「さとえ」さんというハンドルネームの方が『ホウライアキコ入障。才能に二度出会う。』という素敵な文章を書いておられるのを見つけました。

特に共感した結びの一節を抜粋します。:


入障は決して嘆かわしいことではない。

リスクは確かに高い。

不安で怖くて心配で、ひとによってはあまり喜ばしいことではないと感じるかも知れない。

しかし戦い抜いて生き残ってほしい、願わくばもう一度輝いてほしいという、馬に携わるひとびとの切なる希望であり可能性のひとつとしてあるのが障害競走なのだと思う。

障害未勝利戦は、いわば、二度目のメイクデビューなのだ。

馬を信じた陣営を、馬に携わるひとびとを、勇気ある決断を、そして何よりも馬自身を。

いち競馬ファンとして私は信じて託したい。


この道を選ぶ人馬の無事と成功を心から祈り、これからの活躍を楽しみにしている。


(2016.07.30, Hatena Blogより)


ホウライアキコは障害初出走・初勝利で引退して繁殖に上がりました。

これも一つの選択。血をつなぐことで生き残る「母」へのメイクデビューです。

幸あれ、アッコちゃん❣️☺️


いつかボーラーと差し向かいでニンジンなど食い交わしながら、「もし障害デビューしてたらどうなってたと思う?」と聞いてみたい気がします。

答えはわかっているような気もするけど。。。🤭


(🐴「中山大障害とグランドナショナルをそれぞれ20連覇してひだか・ホース・フレンズで左ウチワに決まってんじゃン❗️💪😤」)

Me gusta
bottom of page