top of page

元気いっぱい💪若々しさ満点💯のメイショウドトウ🐴🎵 看板猫・メトとのコンビ仲"マシマシ"です💞🗻


 

北海道新冠町にある、引退馬の牧場ノーザンレイク。

そこで毎日を過ごしているライター・佐々木祥恵が、

馬ときどき猫な日々を綴ります。

 


ここのところドットさん(メイショウドトウ)が、元気一杯だ。春だからなのか、それとも飼料にビートパルプを取り入れて栄養をしっかり摂取できているのか定かではないが、ともかくヤンチャだ。人参などオヤツをねだる時に首を伸ばして顔を傾げる可愛い仕草をし、近づくと衣服を引っ張り、さらには腕を甘噛みすることもある。その仕草が最近少し激しくなった気がする。


最近以前にも増して元気なドットさん


4月12日更新の引退馬協会の「ドトウだより」には記されてあるが、3月6日に左後ろ脚に、3月31日には右後ろ脚に腫れが見られた。


両後ろ脚の繋ぎの皮膚が弱く敏感なので脚元のケアは入念にしているが、雪解け後のドロドロの放牧地はやはり弱い皮膚にはこたえたのかもしれない。それぞれ抗生剤の注射をおよそ1週間ほど打ち、右後ろ脚の炎症時には獣医師の指示により数日バンテージを巻いて対処し、症状は改善した。治療期間は、発熱もなく食欲旺盛で、前述した通りヤンチャっぷりも存分に発揮。往診してくれた獣医師にも「27歳?若いですよね」と仰っていただいた。高齢ではあるが、まだまだドットさんは、お達者だ。


左後ろ脚、治療を始めて約1週間後にはだいぶ腫れが治まる


右後ろ脚にバンテージを巻く


ドットさんやメトのお陰で、相変わらずメディアに取り上げられたり、取材されたりもしている。4月17日には、ABEMATVのABEMA NEWS 週刊BUZZ動画に投稿したドットさんとメトの動画が取り上げられた。最近のものプラス過去の名場面も出てくるので、見逃した方は下記のアーカイブをどうぞ!


画像をクリックして視聴👇

週刊BUZZ動画のアーカイブ


4月12日午後と14日午前には某雑誌の写真撮影があった。メト&馬たち&チビを撮影していったので、果たしてどのカットが使われるのか今から楽しみだ。



ドット&メト、激写中

 

それにしてもメトは不思議な猫だ。全く人見知りせず、カメラを向けると期待以上のリアクションをしてくれる。今回来場したカメラマンにも「スター性がある」と評価いただいた。川越ともよく話すのだが、メトはノーザンレイクの救世主として、牧場に来るべくして来たのだと思っている。


この某誌については、告知可能になったらダイアリーでもお伝えする予定だ。


ドット&メトコンビは人気です!


【お知らせ】

5月20日のノーザンレイク見学の抽選の結果、2組様に当選のご連絡をしましたが、うち1組様が所用のためご辞退されましたので、もう1組、再抽選いたします。

当選者には4月22日(土)までにメールをお送りしますので、よろしくお願い致します。


パドックから女子チーム放牧地を眺めるドットさん


(つづく)

 

Loveuma.のオフィシャルグッズを販売するオンラインショップをオープンしています。

ノーザンレイクダイアリーでお馴染みの、メトと芦毛ちゃんをモチーフにしたデザインのグッズに加え、アイヌ文様をモチーフにした新たなデザインのグッズも展開中!




 


</