top of page

着せるのは"余計なお世話"❓高齢のメイショウドトウに限らない、馬着の重要性を考える…🐴🤔


 

北海道新冠町にある、引退馬の牧場ノーザンレイク。

そこで毎日を過ごしているライター・佐々木祥恵が、

馬ときどき猫な日々を綴ります。

 


ゴールデンウィークが終わった。昨年は勝手に入ってきた人がいたりしたが、今年は何事もなく平穏に終わった。


先週お知らせしたレ・コード館内の優駿の塔に設置した、ノーザンレイクオリジナルイラストの缶バッジガチャポンは、6日(土)には完売。せっかく足を運んでいただいたのに購入できなかった方々には申し訳なく思っている。どのくらい売れるのか想像ができなかったこともあるが、もっと多めに発注しておけば良かったと反省しきりだ。既に缶バッジを追加で発注をかけているので、今週末には間に合うはずだ。また是非優駿の塔で、ガチャガチャと回していただけたら嬉しい。


GW最終日を待たず売り切れたガチャポン


さて今回は、ノーザンレイクのtweetに寄せられた気になるリプライへの返答というか、牧場としての考えをこの場を借りてお伝えさせていただく。


風が強く寒かった日にドットさん(メイショウドトウ)に馬着を着せて放牧した日のtweetに、犬猫や馬に服を着せるのは、動物たちにとっては余計なお世話なのではないかという内容のリプライがあった。(以下について、以前馬着の話題に触れた時と内容が重複することをお許しください)


tweetした動画


動物は服を着る習慣はないので、このリプライにはそういう考えもあって然るべきだと思った。馬たちも上から何かを被せられるのは気分の良いものではないのかもしれない。馬着嫌いの馬も確かにいるようで、当牧場代表の川越がJRAの厩務員時代に担当していたゼンノエルシド(マイルチャンピオンシップ優勝)は、現在の繋養牧場では馬着を自分で脱いでしまうので着せなくなったと競馬雑誌の記事に書いてあった。


また始終馬着を着せて、過保護になり過ぎると自らの体温の調節機能を衰えさせる要因にもなるのではないかとも思っている。さらに健康維持の上でも日光浴が大切なので、真冬でも日差したっぷりの日は馬着なしで放牧している。


日差したっぷりの日は真冬でも馬着なし


以上のことを考えると、馬着を着せないで済むならそれにこしたことはないと言えそうだ。ただサラブレッドは、人間が改良した種なので、野生馬のようにはいかない。だからある程度、人による管理が必要になってくると考える。特にドットさんのように高齢になると、段々体温の調節が難しくなってくる。そのことは昨年8月に亡くなったタイキシャトルで、学ばせてもらった。シャトルはその日の気候、馬着の種類によっても、極端に体温が低くなり、時に36度台まで低下することがあった。そのため天気予報で気温をチェックし、その時の気温に合うであろうと思われる馬着を選んで着せていた。


2022年4月8日 雪が降り馬着着用のタイキシャトル


翌9日のタイキシャトル 暖かくなり馬着不要


tweetした日のように風の強い日は体温を奪われるので、春先や秋でも高齢馬は馬着を着せることもある。


年齢の若い馬でも、急に気温が低下するなど寒暖の差が激しい日には要注意だ。現に1番若い芦毛ちゃん(当時10歳)が、急に冷えた朝に疝痛を起こしている。往診に訪れた獣医師も今日は朝から腹痛が多いと話をしていた。人間も寒暖差で体調を崩すし、高齢になれば体温調節がうまくいかなくなる。馬もそれは同じで、改良を重ねられ野生から離れたサラブレッドの場合は特に、人が気を遣い管理しないと、体調を崩す原因になると私たちは考えている。だから、馬は馬着着は嫌だと思っていたとしても、体調管理のために着せる必要もあるのだ。


メトが芦毛ちゃんに乗った昨年の5月4日はまだ朝晩冷え込むので馬房では馬着着用


馬着を着せる理由を書き連ねてきたが、引退馬や高齢馬についてたくさんの経験があるわけではないので、馬着に関しても正直試行錯誤。個体差もあるから余計にそうだ。今回書いたことも、こちらの思い込みや間違いもあるかもしれないが、人によって改良されたサラブレッドは野生馬ではないということを忘れずに、これからも馬たちが快適に心地よく過ごせる牧場を目指して進んでいくつもりだ。


最近のドットさん。馬着なしで砂浴びするのでドロドロです


(つづく)

 

Loveuma.のオフィシャルグッズを販売するオンラインショップをオープンしています。

ノーザンレイクダイアリーでお馴染みの、メトと芦毛ちゃんをモチーフにしたデザインのグッズに加え、アイヌ文様をモチーフにした新たなデザインのグッズも展開中!




 


【ご寄付について】


ノーザンレイクでは運営資金のご寄付を受け付けております。

ご寄付につきましては、定期的に収支報告を致します。

馬と人が快適に過ごせる牧場を目指していきますので、今後ともよろしくお願い致します。


また口座振込でご寄付いただきました方々にお礼のメールを差し上げたいと思っております。

可能であれば、寄付された旨を下記アドレスまでお知らせいただけますと幸いです。



寄付口座

苫小牧信用金庫

新冠支店

普通 1510035

川越 靖幸(カワゴエ ヤスユキ)


 

こちらもチェック


▲ここをタップ / クリック

▲ここをタップ / クリック

▲ここをタップ / クリック

 

協力:ノーザンレイク・認定NPO法人 引退馬協会

文:佐々木 祥恵

編集:片川 晴喜

著作:Creem Pan

 


Join us !!


4 Comments


HisMajesty Graustark
HisMajesty Graustark
May 10, 2023

タッチノネガイさん、お誕生日おめでとうございます❗️(5/11)

寄付口座にささやかなお祝いを送らせていただきます。

(ささやかではありますが、なるべくゴージャスな🥕を選んでもらってください)


快い風と放牧地の緑。これからお馬さんたちにとって良い季節が始まりますね。🌱🍀🌱🍀🌱

いつまでもお健やかに、どっしりとマイペースでお過ごしください。✌️☺️


Like

HisMajesty Graustark
HisMajesty Graustark
May 09, 2023

馬着を嫌がらない仔は、大なり小なりそのプロテクター効果を理解してくれていると思います。


馬がゴロを打つのは痒いからだとか、体についた異物や異臭(馬にとっての)を落とすためだとか、諸説ありますよね。(「孫の手を持つ指さえあったら、転がったりせずにそれで背中をかいているだろう」という人も)

ひょっとすると「服を着る」ためでもあるのでは、と思っています。🤔

ゴロゴロして体に砂や泥をまぶすことでこんがりと両面焼きに、じゃなかった、「天然の防護服を着けたきもち」になれるんじゃないかな? 特にアブの季節は。


ハエ叩きを持つ指さえあったら、夏にはドトウと女子チームが鬼神の勢いでビシバシと自分(に止まったアブ)に鞭を入れる忙しい姿が見られるのかもしれません。


☀️🕶️🐴 🪰🪰🪰(☜ これはハエ)


Like

HisMajesty Graustark
HisMajesty Graustark
May 09, 2023

GWが無事に終わったのは何より。人も馬も猫もお疲れを癒してください。

缶バッジの再販を楽しみにしております。(このガチャだけのために盛岡から出かけて買えなかった絵描きの友人より)


馬着の是非に関するパーフェクト回答をありがとうございます。(なっちょさんのコメントに同感❗️😊)

人間が馬に馬着を着せる理由で代表的なものとしては、保温・防汚・虫刺され対策・メトさんが乗りやすくするため、などが挙げられますね。


着せる脱がせるいずれの場合でも、馬の飼養管理者にそれぞれの方針があることを前提に、馬の方にもそれぞれの状態があって健康レベルは日々変化するということを覚えておきたい。

とりわけ高齢馬の場合は、こまめにチェックして変化を見逃さないことが、健康寿命を伸ばす秘訣だと思います。


馬を預託する側としては、年齢・体質・性格・季節・天候・飼料内容・運動量(体温変化に関係する)・繋養地の特性(感染症を媒介する昆虫の有無など)の諸条件を考慮して、その時々のコンディションに合わせた柔軟な対応をしていただければ、本当にありがたいです。🙏🏻


Like

自然のまま…というか野生ならば馬着なんてものはないけど

改良されたサラブレッドしかも高齢でデリケートな養老牧場としてはこういう方針…、という感じですね。

快適かつ末永く生きて欲しいというのは私達も同じなので

それに尽力するのは正しい方向だと個人的には思っています。


それにしても…このGW中は初夏→初春という寒暖差厳しい気候でしたね。

馬も人もネコも健康第一・ご安全に!です。

Like
bottom of page