top of page

メイショウドトウの凛とした姿を撮影🐴📸その裏で実は色々な配慮があるんです…🤫


 

北海道新冠町にある、引退馬の牧場ノーザンレイク。

そこで毎日を過ごしているライター・佐々木祥恵が、

馬ときどき猫な日々を綴ります。

 


「馬は高貴な生き物、その誇りを守りたい」

以前このダイアリーで、当牧場代表・川越の馬を扱う上での心構えを記したことがある。これは人間側の馬への勝手な考えなのかもしれない。だがそのような気持ちで馬に接することが大切なのではないかと思っている。


さて先週、Twitterで見学者が投稿する種牡馬の写真についてある方(メトの写真集の撮影をしてくれている方でもあります)がtweetし、タイムラインがざわついていた。その方が馬産地を訪れ、牧場やスタリオン関係者と話した際に出た意見ということだった。そのtweetを目にした時に、当然賛否両論に分かれるだろうなと想像はできたが、正にその通りになった。






種牡馬の写真についてのTweet


見学者を受け入れ、写真や動画の撮影を許可している牧場の場合、どんなものが撮れてしまっても仕方ない部分がある。それを投稿するかしないかは、撮影者の判断に委ねるしかない。だができれば投稿してほしくなかったという写真や動画があるのも想像できる。これは種牡馬だろうが、引退した馬たちだろうが根底にあるものは同じではないかと思う。


これまた人間の勝手な考えなのかもしれないが、馬にも尊厳があると思っている。昨年某スタリオンを取材した際に、たまたまある種牡馬が目の前で尿をした。その時に案内してくれたスタッフが「これは撮らないであげてくださいね」とすかさず言った。今回のTwitterの件で真っ先に頭に浮かんだのは、この時の光景だった。種牡馬のブランドイメージを守るというより、馬に対する敬意から発せられた言葉のように感じ、馬の尊厳を守るとはこういうことなのだと改めて勉強させられた。


今回のTweetの件でどんな写真を投稿すれば良いのかを悩んでしまった方もいるかもしれない。そのような方には、このスタリオンスタッフの言動がヒントになるのではないだろうか。馬なのだから、どんなシーンを撮られようが何とも思っていないという意見もあるだろう。確かにそうかもしれないが、人が馬に対してどういう気持ちを持って撮影するかによって、写真の出来上がりも違ってくるような気がしている。


馬着なしのドットさんことメイショウドトウ

毛ヅヤよし!敬意を持って撮影したつもりだが、まだまだかな?


先ほど「できれば投稿してほしくなかったというケースがあるのも想像できる」と書いたが、これはノーザンレイクでも時々ある。これは馬だけではなく、施設面の画像や動画でも言えることだ。この牧場は私たちが借りる前は、約5年間空いていた。そのせいもあってかなり老朽化した部分や、不要なものが投棄されているD型倉庫や小屋がある。見学に来られてしまえばバレることなのだが、なるべくならそういう箇所は投稿してほしくないというのが本音だ。修理修繕し、不要な倉庫や小屋など撤去したいのはやまやまだが、ざっと見積もってもらうとかなりの額になり、こうなると本当に必要なものからお金や労力を使うしかなく、正直放置状態だ。私自身もSNSに投稿する際には、かなり神経を遣う。以下の動画はメトが馬房の扉をよじ登って扉の上で落ち着くシーン。これをSNSに投稿するつもりだったが、上の窓の状態があまりにも酷かったので取りやめた。事実を隠すつもりはないのだが、SNSに投稿した画像や動画だけを見て、この牧場の環境は悪い、手をかけてないと思われてしまう可能性があるからだ。


メトがよじ登った上に見える応急処置の窓(今回は恥をしのんで出しました)


馬の画像や動画をアップするのは、施設以上に気を遣っている。5頭のうち3頭はオーナー様から預かっているので、特に気を遣う。アップして失敗したという経験がたまにあるのだが、投稿する前に必ず画像や動画をチェックし、角度によって馬が痩せて見えたり、歩いていて躓いたりしたシーンがあると投稿しないようにしている。(痩せたのではないか、躓いたけどどこか悪いのではないかなど無用な心配を避けるため)。撮影中、芦毛ちゃんの本名由来の愛称を川越が呼んだ声が入ったら、音声を消すか動画自体を消すことにしている。キリシマノホシと芦毛ちゃんにはサク癖があるのだが、悪癖と言われるものはなるべく映らないように気をつけている。(たまに映っているが)タッチデュールが左右に揺れる癖も熊癖(ゆうへき)と言われる悪癖の1つなので、投稿の仕方を考える必要がありそうだ。馬たちの悪癖はノーザンレイクに来る以前からあるものだが、SNSを目にした人にこちらの管理が悪いと受け取られかねないからだ。


サク癖をするキリシマノホシがチラッと映り込んでいる


いつだったかドットさんが歩いて厩舎に戻るシーンを撮影した方がいて、それに対して「歩様に違和感を感じる、大丈夫なのか」という内容のコメントがついたことがあった。川越は競馬の最前線で仕事をしていた人間だ。ましてやGIレースに臨む馬を数多く世話をしてきた。少しの異常が結果を左右する厳しい世界にいたので、いわば異常や故障をいち早く見つけるプロと言ってもいい。勝負の世界から身を引いた馬であろうと脚元は常にチェックしているし、歩様の違和感はすぐに感じ取る。その川越がこれまでドットさんの歩様に異常を唱えたことはないし、現に異常はなかった。だが撮影角度なのかわからないが、歩様に違和感云々のコメントがついたことは、もし広まれば馬の管理ができていない牧場として認知されてしまう可能性もある。それ以来、動画や画像をノーザンレイク以外の人にアップされることが少し怖くなったのも事実だ。


放牧前にドットさんの脚元チェック(もちろん放牧後も)


この話と少し矛盾しているかもしれないが、これまで何度か放牧地から馬房に戻るドットさんのシーンを私は投稿している。歩様など良からぬコメントがつくリスクはあるのだが、これには理由がある。ドットさんは可愛いというのが定番となっているが、元競走馬、種牡馬としての凛とした姿もあるのだと皆さんに見てほしくて、川越が引くドットさんを撮影している。私が引くよりも何百倍もドットさんは格好良く歩いているはずだ。このように馬は、扱う人によって見え方が変化する。馬の扱い方のうまい下手に関わらず、まずは馬に敬意を持って品位や尊厳を傷つけない、そういう気持ちを持つことが第一歩で、そこから馬との良好な関係性が作られていくと私は思う。川越は何十年にも渡って馬との関係を築いてきた。それが引き馬にも表れていると確信している。これは写真や動画撮影にも通ずるのではないだろうか。うまい下手はさておいて、馬に敬意を払い、品位や尊厳を傷つけない。この気持ちがあれば、良い作品が生まれる。そんな気がしている。


川越とともに放牧地から厩舎に戻って来るドットさん


他の牧場やスタリオンについて新参者の引退馬牧場が言及するのは僭越過ぎるので、主にノーザンレイクを例にして思うことを書き連ねてみた。自分の中でまだ整理されていないので、種牡馬やその他の馬たちのどのような写真や動画がNGなのか明記はできないが、今回書いたことが少しでもヒントになれば幸いだ。


追伸 

以前私はドットさんの検温シーンを投稿したことがある。馬の体温の図り方を知らせたかったというのがアップした理由だが、体温計の入った肛門を撮影しているわけなので、馬の尊厳どうこうと人様のことは言えた義理ではない。反省。 


(つづく)

 

Loveuma.のオフィシャルグッズを販売するオンラインショップをオープンしています。

ノーザンレイクダイアリーでお馴染みの、メトと芦毛ちゃんをモチーフにしたデザインのグッズに加え、アイヌ文様をモチーフにした新たなデザインのグッズも展開中!




 


【ご寄付について】


ノーザンレイクでは運営資金のご寄付を受け付けております。

ご寄付につきましては、定期的に収支報告を致します。

馬と人が快適に過ごせる牧場を目指していきますので、今後ともよろしくお願い致します。


また口座振込でご寄付いただきました方々にお礼のメールを差し上げたいと思っております。

可能であれば、寄付された旨を下記アドレスまでお知らせいただけますと幸いです。



寄付口座

苫小牧信用金庫

新冠支店

普通 1510035

川越 靖幸(カワゴエ ヤスユキ)


 

こちらもチェック


▲ここをタップ / クリック

▲ここをタップ / クリック

▲ここをタップ / クリック

 

協力:ノーザンレイク・認定NPO法人 引退馬協会

文:佐々木 祥恵

編集:片川 晴喜

著作:Creem Pan

 


Join us !!


6 commenti


Ospite
02 mar 2023

先日のツイッターの件に対してモヤっとしてたので、直に馬と毎日接している方の意見が読めて良かったです。自分が馬に敬意を接して撮った写真なら自ずと良い写真になるのかなと思いました。(お馬さんのチソチソ等の写真は競馬を全く知らない人が見るとびっくりするかもしれないので、そういった写真は載せ方を考えないといけないと思いますが💦)

Mi piace
HisMajesty Graustark
HisMajesty Graustark
02 mar 2023
Risposta a

「もし馬産地のことを考えてくださるなら、かっこいい写真を広めてほしい」

「かっこいいけど種牡馬としてマイナスイメージになるようなのはNG」


(↑)かっこいいか悪いか、プラスかマイナスかは、見る人の主観の問題でもあるので、判断が難しいですよね。

無限大の敬意を払いつつ撮影したつもりの芸術的なアクション写真でも、相手によっては「自ずと良い写真」とは認めてくれないかもしれません。(勇壮な牡馬がストレス解消のために牧柵を破壊する絵なんか絶対NGです)


馬産地の方々に、具体的なサンプルをいくつか挙げていただくと参考になると思いませんか? この写真はOK、その写真はNGって。

私、提供可能なギムさんの写真、何枚か持ってますけど。。。。😌

Mi piace

HisMajesty Graustark
HisMajesty Graustark
01 mar 2023

私はメトさんがどうやってあの難所に上ったのか、それとも誰かがアシストしてのっけてあげたのか、ずーーーーーーーーっと考え続けて夜も眠れないほどだったので、今回真相が判明してどれだけスッキリしたか知れません。😂


みごとな垂直登攀に目を奪われ😳、窓どころではありませんでした。

たとえノートルダム大聖堂のバラ窓がはまっていても気がつかなかったと思います。


Mi piace

HisMajesty Graustark
HisMajesty Graustark
28 feb 2023

>以前私はドットさんの検温シーンを投稿したことがある。

>体温計の入った肛門を撮影しているわけなので


馬の肛門が怖くて引退馬支援なんかやってられません。

大動物の検温の正しいやり方という知識が身について、ありがたく思ったファンもいたはずですよ。


どうか無用な心配をなさらず、馬のありのままの姿を伝えてください。

彼らは現役時代に、人間の夢という重すぎるほどの荷物を負わされて走ってきました。

せめて引退生活の中ではそんな重荷を下ろしてほしい。人が押し付ける「イメージ」なんかにしばられることなく、川越さんの豊富なプロ経験と佐々木さんの献身に守られて、愛されて、馬らしく自分らしくあってほしいと思います。


何を見せられたって、ノーザンレイクとお馬たちへの私のリスペクトは1ミリも減りません。

ドトウのお尻でもキリちゃんの鼻毛でも、ドンと来いです❗️


(ドトウ、寒いから早くドテラ着せてもらいなさい🥶)


Mi piace

HisMajesty Graustark
HisMajesty Graustark
28 feb 2023

これは、Loveuma.のサイトにディスカッションボードでも作って意見交換してみたいテーマですね。

第三者が撮影した牧場の画像・動画は事前に許可をとってからSNSにアップする、というルールを作ればいいだけの話のような気もしますが。

規則なしで自然にコンセンサスを形成できる問題でもないでしょうし。


それにしても、放尿シーンが撮影・公開されると種牡馬のイメージが傷つく(かも)と言う話は初めて聞きます。😳

大日本帝国時代の天皇陛下じゃあるまいし、馬が排尿もすれば排便もする動物だということは誰でも知っていると思っていました。


たとえ種牡馬だろうと年度代表馬だろうと、出したいものは出したい時に、出す。😤

仮にコントレイルの排泄場面がSNSで拡散したとして、「公衆の面前でこんなことをするお下品な種馬をうちの牝馬につけたくない」などと思う人がいるでしょうか❓❓❓❓❓❓


特に馬の場合は、腸の働きが悪くならないように、排泄を我慢させるしつけは敢えてしません。(しようと思えばできる)

人間ならいざ知らず、馬が生理的欲求を満たす様子が(公開されることで)「ブランドイメージを傷つける」と感じるのは、日本の一部の牧場関係者ならではの特殊な心理のように思えます。

そんな理由で種付けが減る程度の競走成績だったのですか?と逆に聞いてみたいぐらいです。


「ブランドイメージ第一」というなら、未来の種牡馬候補の競走馬たちは絶対にパドックでボロをしてはいけない。ゲート付近でもよおしてきても断じて落としてはならない。

立ち上がったところの映像をテレビに流すのはもちろんダメ。(イメージが傷つく!)

レース後に騎手を振り落とすのを現行犯で捉えた映像も放送禁止。(イメージ完全崩壊!)

れっきとした種牡馬のゴルシやオルフェが聞いたら、腹を抱えて大笑いしそうな事態です。


馬産地への配慮はもちろん大切ですが、行きすぎた気遣いはかえって滑稽な神格化につながり、馬という動物を等身大に理解することの妨げになるのではという気もします。

何よりも、「馬の尊厳を守る」=「牧場・馬主のメンツを守る」ではないことを、はっきり認識しておく必要がありますね。


種牡馬は高級車ではありません。

基本的に、どこで誰が見ていようと、好きな時に心ゆくまでオシッコもウンチもゴロ打ちも変顔もしてかまわない、それでも文句なしにカッコいい、天衣無縫の生き物なのです。

✨🐴💩🌟✨


Mi piace

これはSNSをしている身としては身近なテーマですね。

ペットや動物園などでも予想外のおもしろ画像or動画が撮れちゃうことがあり、

ネットにUPしたい衝動になる気持ちが分かりますので。


ただ馬主さんや管理されている方の心情となると”笑えない”状況なのも事実。

”種牡馬=ブランドとしてのイメージ”は今回の一件で初めて知りました。

それだけに「コレ公開しても大丈夫?」と今一歩考える意識を抱きたいと思います。

(SNS拡散→全国ネットのテレビに取り上げられて爆発的拡散、となるこの世の中…ですからね)


あ、もし公開されている動画等で「あれ?」と思う箇所を見つけたら(こっそりと)早めにお伝えしますので😅

Mi piace
bottom of page