top of page

メイショウドトウ&メトが遂に書籍化‼📖 改めてノーザンレイクの仲間達に感謝🥲🐈🐴


 

北海道新冠町にある、引退馬の牧場ノーザンレイク。

そこで毎日を過ごしているライター・佐々木祥恵が、

馬ときどき猫な日々を綴ります。

 


先週スマホが突然ブラックアウトし、どこを押しても反応せず、電源が入らないというアクシデントに見舞われた。パソコンの調子が悪くなってからは、スマホとタブレットを駆使して原稿を書いているのだが、今回画面が真っ暗になった時はある原稿の執筆真っ最中。締め切りは目前に迫っており、半分パニック状態。タブレットで検索して有効と思われる方法をいくつか試すもダメ。原稿はスマホに保存されている。まずい、まず過ぎる。電話もラインも使えないので、編集者にはタブレットにインストールしているFacebookのメッセンジャーで連絡をし、締め切りを延ばしてもらった。翌朝も電源は入る気配がなく、7割方出来上がっていたはずの原稿を改めて書くことに。牧場業務や見学者対応などをこなしながらなので、睡眠時間を削って執筆した。ぼんやりした頭で何気なくスマホに充電器を差し込んでみると、いきなりdocomoの文字が浮き上がり、充電が始まった。そしてついに電源が入ったのだった。


パソコン不調でタブレットかスマホで原稿執筆


どんなアクシデントがあろうとも、待ってくれないのは馬や猫たち。私が切羽詰まってようが、パニックになってようが、放牧して収牧して馬の手入れをして...と、通常業務をこなさす。メトもチビも福豆も情け容赦なくご飯をねだってくる。だが考えようによっては、それがあるからスマホ故障や原稿のことを一時でも忘れられたり、気分転換ができたりして、平常心を保つことができるのだ。そういう意味でも、動物たちがいてくれて良かったと思う。


家では3ニャンズからご飯の催促


雨が上がりを待って放牧の女子チーム


こちらも雨上がりの放牧地のドットさん 紅葉も綺麗



アクシデントを何とか乗り越えてホッとする間もなく12月6日発売の「ボス猫メトとメイショウドトウ 引退馬牧場ノーザンレイクの奇跡」(辰巳出版)の予約開始の告知がなされた。辰巳出版の猫雑誌の「猫びより 夏号」でメトと引退馬についての記事が載ったのが縁で、書籍化のお話をいただいた。なかなかこういったチャンスはないので、二つ返事で了承した。


只今予約受付中!『ボス猫メトとメイショウドトウ』👇


Amazon本ランキングで初登場4位!


まず9月末に3日間かけて写真撮影。カメラマンの吉澤ルミ子さんが、体を張って撮影してくれた。動物の写真撮影は、根気強さがいかに大切かが肌身に沁みた。10月に入ってから原稿執筆や写真チェック。そして今週中にゲラチェックを終わらせる予定となっている。着々と進む作業。しかしまだ本になるのが信じられないでいる。著者は私になっているけれど、それはおまけのようなもの。この牧場にメトが現れ、メイショウドトウやタイキシャトルが来てくれたからこそ、書籍化に繋がったのだ。メトやドトウをはじめとするノーザンレイクの仲間たちの素顔や、そして引退馬の牧場や引退馬の現実も書かせてもらった。仲間たちの魅力が伝わる写真もたくさん掲載されているので、手に取っていただければ幸いだ。


ランキング4位なんてどこ吹く風のスヤスヤメト


こちらもランキングよりも草モグモグのドットさん

 

【メト祭り😸】ノーザンレイクダイアリー連載1周年記念グッズ販売中!