top of page

生まれた時から馬がいた by トサミドリ



「withuma.」vol.3 トサミドリさん





Profile

ハンドルネーム:トサミドリ

年齢:38歳

Twitter:@ishinohikaru

居住地:茨城県

 

第3回は、茨城県にお住まいのトサミドリさん、38歳・会社員の男性です! いったいどのような「withuma.」を送っていらっしゃるのでしょうか?

 

トサミドリさんの「withuma.」



実家が競走馬に携わっていたので、生まれた時から馬のいる環境でした。

身近に馬がいるのは当たり前だったので、競馬というジャンルに本格的にハマったのは、実家の馬がクラシックの有力馬になったことと、競馬マンガやゲームの影響です。

それから乗馬クラブで学生会員として乗り始め、一時は馬術部や乗馬クラブでバイトをしていました。競馬場での放馬止めや、育成牧場などですね。

 

実家が競走馬に携わっておられるというのは、大きなアドバンテージですね! クラシックの有力馬ということは、期待される強い競走馬であったことを意味します。 競馬場でのバイトや、育成牧場でのお手伝いは、かなりディープな関わり方ですごく興味があります!!

 

トサミドリさんの「Loveuma.」



好きな馬は、ミナモトマリノスという競走馬で、

本格的に競馬にハマるきっかけになった馬です。


馬に関する好きな場所は「東京競馬場」です。

本籍地でもあり、よく足を運びます。


馬の魅力としては、「人馬一体となって行動できること」などです。


 

ミナモトマリノスは1996年デビューですから、かなり古くからのファンなのですね! 東京競馬場は私たちCreem Panも、映画「今日もどこかで馬は生まれる」のロケをした所縁のある競馬場です! 人馬一体という言葉の通り、馬は感受性豊かで人と心が通じ合える動物というのが、一つの大きな魅力ですよね!

 

引退馬問題について



現在は引退馬協会で継続支援を行ったり、ソフト競馬の支援、

機会があった際に、本職と絡めて馬事啓発の企画展示の立案をしています。

引退馬の問題は、支援活動のみで可能なことは限られるので、馬という動物に対しての需要の増加促進と、馬事文化の啓発が下地として必要だと思います。

 

引退馬協会さんやソフト競馬さんを通して、引退馬支援を行っておられるんですね! 確かに支援も大切ですが、支援活動をされているトサミドリさんだからこそ、馬に対しての需要や、馬事文化啓発などの必要性を感じていらっしゃるんですね。

 

 

今回は、馬と近しい経歴を持たれているトサミドリさんの「withuma.」を伺いました!

毎週定期更新してまいりますので、次回もよろしくお願いいたします!


 

あわせて読みたい



 

協力:トサミドリさん 取材・文:片川 晴喜 編集:平本 淳也 著作:Creem Pan

 


Join us !!


bottom of page