top of page

ネット騒然!メイショウドトウが和田竜二騎手をガブリ⁉🫱🐴&生後4ヵ月の保護猫が新たな仲間に‼🐈


 

北海道新冠町にある、引退馬の牧場ノーザンレイク。

そこで毎日を過ごしているライター・佐々木祥恵が、

馬ときどき猫な日々を綴ります。

 


今週YouTube「和田竜二の引退競走馬を追う!!」で、「メイショウドトウと再会!!ノーザンレイクさんを訪問しました!」が公開された。問題ないかどうか公開前の動画をチェックさせていただいたのだが、画面に映る自分の姿を見てやはりダイエットしなければと決意を新たにした次第。(これまで何度決意を新たにしたことか)


「和田竜二の引退競走馬を追う!!」


それはさておいて...動画ではドットさんだけではなく、牧場を開くきっかけや女子チームの紹介もあるし、引退馬牧場の経営の難しさや課題も中の人が話をしているので、そのあたりもご覧いただけると嬉しい。

ネットでは、ドットさんが和田騎手をに噛みつくシーンが話題となっている。個人的には人参よこせ、あるのになぜくれない...というのもあるかなと思ってはいるが、当のドットさんに聞かなければ、噛みつきにいった本当の理由はわからない。


メトも見学 撮影風景


ドットさんを撫でようと試みる和田騎手


ともかくいろいろな意味で内容が濃い動画に仕上がっていると感じたので、たくさんの方にご視聴いただきたい。

和田騎手の動画公開もビッグニュースだったが、ノーザンレイク的にはチビの妹分の子猫爆誕❗もビッグな出来事だった。


やって来たその夜、既にお転婆振りを発揮


実はメトは、野良から飼い猫にすると決めた時に室内飼育に挑戦したことがある。けれどもストレスからグルーミングをし過ぎて何箇所か脱毛したり、ずっと大声で鳴き続けるなど、室内飼いの継続がなかなか難しかった。牧場の構造上、車通りの激しい道からは遠く、敷地外に出ないこともあり、室内飼育は諦めた。今では家や休憩室、厩舎を拠点に牧場内で過ごしている。1日のうちに何度か家に帰って来るのだが、ご飯を食べて少しだけチビと遊んで、すぐ外に出ていってしまう。(寒くなると家の滞在時間が長くなるが)

チビはメトが大好きで、もっと戯れたいと思っているのが伝わってくるし、人間もチビが満足するほど遊んであげられない。


メトとじゃれあうチビたん


チビには家で一緒に過ごす友達が必要なのではないか。そして成猫より子猫の方が、チビも受け入れやすいとも考えた。メトやチビのように、ある日突然子猫が現れないかなと思い描いたものの、現実はそう簡単にはいかない。そこで日高管内では恐らく唯一の保護猫団体である、新ひだか犬猫ボランティアWARPと連絡を取り、子猫を譲り受けることにした。

そしてやって来たのが、生後4か月ほどの黒のメス猫だった。譲渡前に見せてもらった時に、ケージの中でミニカーを延々と追いかけていて、かなりのお転婆だと確認済みだったが、やはり我が家でもチビと追いかけっこをしたりゴミ箱をひっくり返したりとヤンチャ放題だ。


チビとじゃれあう子猫


この原稿を書いている最中も、ズボンに爪を立てて這い上がってきたり、メトのように肩に乗ったりと邪魔をしてくれる。

子猫が来て3日目の今日(9月5日)、チビは遊び疲れてひたすら寝ている。



子守りに疲れて爆睡するチビ


メトはまだ子猫の存在を受け入れられないようで、家に戻ってくるたびに唸ったりシャーッとなったりしているが、チビの時もそうだったので、時間をかければ慣れてくれるのではないかと思っている。


子猫に唸るメト


子猫含めて3匹の動向は、またお伝えするつもりだ。新しい仲間ともども、今後ともよろしくお願いいたします。


おまけ:ある日の午後のドットさん