top of page

ホースライダーのもう一つの顔は"馬の体重計職人"!? by ポール・ウィリアムソンさん


「withuma.」vol.50 ポール・ウィリアムソンさん


Profile

お名前:ポール・ウィリアムソンさん

ご年齢:53歳

居住地:北海道

Twitter: @goods_uma

 

第50回は、BTCで調教に乗りながら、馬の体重計を製造しているポール・ウィリアムソンさんです!

いったいどのような「withuma.」を送っていらっしゃるのでしょうか?

 


ポール・ウィリアムソンさんの「withuma.」


競走馬に携わる仕事をしており、1日の中では大きく分けて2つの仕事があります。


まず朝は、フリーライダーとして軽種馬育成調教センター(BTC)でサラブレッドに騎乗しています。 そして午後は、合同会社ジャパン・エクァイン・グッズで、“馬の体重計”を作っています。


写真:本人提供


体重計を作り始めたきっかけは、外国輸入の体重計の品質が低く、自分の手でもっとレベルアップ出来ると思ったからでした。

レースに向かう際も、それ以外の時でも、馬の体重を監視・管理することは非常に大切です。


写真:本人提供


体重計づくりにおいて大切にしていることは、自分でしっかりとクオリティをコントロールできるようにすることです。

今後もどんどんと、新しい、使いやすい体重計を作っていきたいです。

 

2つの側面から馬に携わる“技術者”、とても興味深いステータスです。


私が生産牧場で研修を受けていた際も、体重のチェックは毎日欠かさず行われていました。

馬の体重は、その後の骨疾患など、様々な部分に大きく関係してきます。

特に当歳(0歳)馬は様々なリスクに面しており、体重管理が徹底されていた印象があります。

よって、馬の体重計は、馬を飼養管理する人々にとって必要不可欠な設備であり、使いやすさや精密さが求められるものであると感じています。


ご存知でない方に向けて補足いたしますと、BTCは軽種馬の育成・調教を行う施設であると共に、競走馬を育てる騎乗技術者(乗り役さんと呼ばれることもあります)の養成などを行う施設でもあります。

研修修了者の就職率は毎年100%で、ホースマンを目指す若者が、日々鍛錬を積んでおられます。

 

ポール・ウィリアムソンさんの「Loveuma.」


写真:本人提供


私のお気に入りの馬は、インティです。

競馬に行く前、BTCで私が乗っていました。


彼の好きなところは、静かで乗りやすいところです。

 

インティは破竹の7連勝で2019年のフェブラリーS(G1)を制した競走馬ですね。


インティのデビュー戦は、新馬戦が終わった3歳の4月とかなり遅めであり、8月に2勝目を挙げた後も9か月の休養を挟むなど、体質の弱い競走馬であった印象です。


化骨が遅く、デビュー前からBTC内の診療所で化骨検査をしながらの調教を行っていたようです。

BTCで長い時間を掛けて調教を積んでいたことは存じておりましたが、ポールさんが乗っておられたとは驚きました。


※化骨…骨組織の生成を指す言葉で、強い調教ができるかどうかは、化骨の進み具合で判断される。化骨が不十分のまま強い調教を重ねると、骨端症や骨膜炎などの骨疾患を引き起こすリスクがあるとされている。

 

引退馬問題について


写真:本人提供


サラブレッドは気性が荒く、扱いにくいという印象があると思います。


しかし、競走馬に与えるアスリート専用の飼料から通常の飼料に変わることや、競馬で受けるストレスが薄れてくると、サラブレッドは静かで扱いやすい動物であることを理解できます。


競走引退後の活躍の場がもっと増えていくといいと思っています。

 

馬の飼料と気性の関連性がとても気になりました。



「ウマに濃厚飼料を多給すると、ウマが “うるさくなる”というのは飼養管理の現場でよく耳にする話ですが、多くの研究で、濃厚飼料の多給によりウマの行動が過敏になることが報告されています。

(中略)最近の研究では、濃厚飼料の多給に伴う腸内細菌の変動が、腸から脳へのシグナルに影響し、そのことがウマを情緒的に過敏にさせるのではないかと考察されます。 このことが証明されるためには、まだまだ研究が必要ですが、もし真実であれば、腸の健康はウマの体だけではなく精神の健康にも重要ということになるでしょう。」


といった記述が見受けられます。


「サラブレッドは危険な動物だ」と、トレセンで働く方などから度々耳にするので、「私には扱えないかも」と足踏みしてしまう方も多いのではないかと思います。

ただ、サラブレッドを取り巻く環境が引退後に変化することで、比較的扱いやすくなるというお話は、引退馬を養いたいと考える人にとっても前向きな情報だと感じました。



今回の記事で、昨年6月のLoveuma.プレオープンと同時にスタートした『Withuma.』は、節目の第50回を迎えることができました。 いつもお読みいただき、誠にありがとうございます。

今後も『Withuma.』を通して、馬事産業・文化に携わる方をご紹介することで、微力ながら引退馬問題前進の一助になりたいと考えております。 どうぞ引き続き『Withuma.』をよろしくお願い申し上げます。

 

 

今回は、BTCで調教に乗りながら、馬の体重計を製造しているポール・ウィリアムソンさんの「withuma.」を伺いました!

毎週定期更新してまいりますので、次回もよろしくお願いいたします!


 

「withuma.」では、馬にまつわる活動や、その思いについて発信していただける方を募集しております。


リモート取材は一切なく、専用フォームからアンケートにお答えいただくと、その内容が記事になります。


今後も「withuma.」を通して、引退馬問題前進の一助となれるよう、微力ながら馬事産業・文化に携わる人を発信していきますので、是非皆さまからのご応募をお待ちしております!


▼詳細は下記バナーをクリック!


 

こちらもチェック

▲ここをタップ / クリック

▲ここをタップ / クリック

▲ここをタップ / クリック

 

協力:ポール・ウィリアムソンさん 取材・文:片川 晴喜 編集:平林 健一 著作:Creem Pan

 


Join us !!